投資用太陽光システム(土地付き太陽光)を販売している業者を口コミや評判を含む比較ランキング形式でご紹介!

土地付き分譲太陽光発電とはどういうもの?

株・FX・不動産の売買など数ある投資方法の中でも安定した収益が期待できるのが土地付き分譲太陽光発電です。最新の発電シミュレーションは高い確率で期待に応えてくれるでしょう。

時間と手間をかけるのは、最初の業者選びだけです。太陽光発電を知りつくした信頼できる業者に依頼しましょう。

 

少ないリスクで手軽にできる投資方法

住宅街を見回してみると、一戸建て住宅の屋根にソーラーパネルが設置されている家が多いことに気が付きます。これらの家は省エネ対策としてだけで発電しているわけではありません。余剰分は電力会社に買い取ってもらえるので、投資の1つとして数えられます。

このような太陽光発電システムは、マンションでの暮らしをしている人や日当たりの良くない住宅密集地に住んでいる人には関係ないと思われがちです。しかし太陽光発電は安定した収益に繋がるとして急速に人気を集めています。

その理由は土地付き分譲太陽光発電なら自分の土地を持っていなくとも、太陽光発電による投資をはじめられるからです。業者が購入した土地や借りた土地に太陽光発電機器を区画ごとに分けて設置していきます。この土地は法人でも個人でも買うことはできますが、所有権や定期借地権付きでの販売となります。

分譲マンションを購入するイメージで考えると理解しやすいかもしれません。そして土地付き分譲太陽光発電にかかる費用は、業者による管理費用も含まれているので、トラブルが発生したときの対応も全て負担なく済ませられます。

予算さえ都合が付けば、専門の知識がなくとも、気軽にはじめられるのが太陽光発電の人気を集める理由です。そして各業者によってサービス内容が違います。中には資金のことについても相談に応じてくれる所があるので、気軽に問い合わせてみましょう。

 

万全のサポートが受けられる業者を選ぼう

太陽光発電のメリットとしてあげられるのが他の投資方法と比べてリスクが低いという点です。株などのように景気の変動の影響を受けることはありません。

しかも太陽の光は、石油などと違い、限りなく利用し続けることができるエネルギー資源です。日頃から使用している石油やガスなどのエネルギー資源はこのままのペースで使用し続けると、あと数十年で枯渇するといわれています。これら限りある資源の利用を少しでも減らすことができれば、温室効果ガスを削減することが可能です。

温室効果ガスの増加は地球温暖化を進行させ、干ばつや砂漠化、異常気象などの問題を引き起こしていることが知られています。このような恐ろしい地球規模の問題を解決する対策として、太陽光発電は大きな役割を担っています。天然資源の少ない日本では、メリットの多い太陽光発電への関心がさらに高まることが予想されます。

そして太陽光発電が広まりはじめたきっかけとなったのが、固定価格買取制度です。これは、太陽光発電で発電した電力を電力会社が高く買い取らなければならないという国が定めた制度です。これにより事業者の増加が見込まれ、再生エネルギー導入の拡大が実現しようとしています。

これは20年という期間限定の制度なので、その後は買取価格が下がることが予想されます。しかし火力発電よりも安いコストを保てることから、電気を売るということ自体がなくなることは考え難いです。そして自然の力を利用するのですから、天候に左右されるのではないかという不安があります。これについては、20年という期間にどれだけ発電できるかという問題になります。

そこで日照不足となりやすい曇りの日でも発電量を稼げる方法として利用されるのが過積載です。この方法なら使用する変換機器に対して容量を超えるパネルを設置することで、全体的な発電量を向上させることが期待できます。過積載というテクニックを用いれば、天候の影響を最小限に抑えながら一定の発電量を維持していくことができるでしょう。

このように土地付き分譲太陽光発電という投資方法は、低リスクで安定した利益が得られる方法であることが実証されています。しかし実際に成功するかどうかは依頼する業者次第という面もあります。まず業者選びで大切なのは実績の多さです。長い付き合いになる業者ですから、時間をかけてじっくり選ぶことが必要です。

その際、ポイントとなるのが保証の及ぶ範囲についてです。業者は、システム機器についての保証が義務とされていますが、自然災害については対象となっていません。しかし業者の中には、それらについて個別の保険に加入している場合もあります。

さらに日頃のメンテナンスについても怠るようなことがあれば、発電量に影響が出るかもしれません。どのようなタイプの自然災害やトラブルが発生しても、万全な体制できちんとサポートしてくれる業者を選ぶことが必要です。いくつかの業者から見積もりを取り、削れる所はできるだけ削るようにしましょう。

価格が安いからといって安易に契約をすることはせず、十分に比較検討してから決めることが必要です。内容に納得がいかなければ、別の業者に見積もりを依頼しましょう。そして分譲太陽光発電という投資を扱う業者の中には、残念ながらあまり好ましくない悪徳業者が存在するのも事実です。

太陽光発電についてのノウハウなど殆どないにも関わらず、現実離れした額の利益が得られると勧誘してくる業者がいます。中には高額な追加料金が発生したり、メンテナンスが行き届いていなために十分な発電量を得られないケースもあります。そのような業者を避けるためには、インターネットを利用して各業者についての情報を集めることが必要です。

中でもこれらの業者についての口コミを集めたサイトを利用するのが得策です。日頃から口コミサイトで良い評判が目立つ業者を利用すれば、トラブルに巻き込まれることなく安定した収益を得られるでしょう。

 

発電に必要な設備を設置する場所だけが必要

太陽光発電は平等に降りそそぐ太陽の光だけがエネルギー源となっています。発電をする機器を設置することができる場所があれば良いのであって、土地についての利便性や快適性は問題となりません。周囲に住む人がいなければ、近隣住民との問題が生じることもないです。

このような理由から土地付き分譲太陽光発電は、地価が安い田舎のほうが向いているといえるでしょう。そして業者に全ておまかせ状態にすることができるというのも、土地付き分譲太陽光発電の大きな魅力です。さらに国が買い取りを約束するということで、さまざまなシミュレーションが可能になり金融機関の審査が通りやすいというメリットも得られます。

例え金利の高い信販を利用したとしても、早い時期に回収が見込めることから、自己資金がないサラリーマンでも比較的気軽にはじめられます。

 

投資をする際、少ないリスクで利益を得たいなら、土地付き投資用太陽光発電に大きなメリットがあります。自然を相手にしているにも関わらず、さまざまな方法を用いることで安定した利益を継続して得ることが可能です。土地選びについても一般的に考えられるしがらみが問題となることはなく、スムーズに話を進めていくことができるでしょう。

まずは実績があり信頼できる業者を見つけることが先決です。そのためにはインターネットを活用して各業者についての評判などを日頃からチェックしておきましょう。優良業者は評判も良いので安心です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
投資用太陽光発電業者ランキング!
第1位 アースコム
第3位 イーゲート
記事一覧