投資用太陽光システム(土地付き太陽光)を販売している業者を口コミや評判を含む比較ランキング形式でご紹介!

太陽光発電は業者によってどのような違いがあるのか

昨今、サラリーマンの方を中心に太陽光発電投資に興味を持ち始める人が増えているようです。

それに伴い、太陽光発電投資を行う企業や個人に向けてサービスを提供している企業も注目されています。

そこでここでは、そもそも太陽光発電投資がどんなものか、そして業者を選ぶ基準及び業者ごとの強みや違いをご紹介したいと思います。

そもそも太陽光発電投資って?メリットは?

太陽光発電投資とは、太陽光発電によって得た電気を電力会社に売して収入を得る投資方法のことです。太陽光発電は一見法人が事業用として行っていることが多いイメージですが、最近は収入面でのリスクが少なく勤務先から副業を禁止されていても始めやすい副業として、太陽光発電投資を行う個人の方も増えてきています。

メリットもいくつかあり、「電気代が安くなる」・「FIT制度(※で説明)により安定した収益を得やすい」・「環境保全につなげられる」・「災害や停電のときでも、電気が使用できる」・「断熱効果が得られる」、などが挙げられます。

それぞれのメリットの解説をすると、「電気代が安くなる」のは特に住宅用の場合で、太陽光発電で発電した電気は家庭でも使用できますし、蓄電池と併用することでエネルギーマネージメントができるため、家計の負担を減らすことができます。「FIT制度により安定した収益を得やすい」というのは、「固定価格買取制度」により太陽光発電で得た電気を電力会社に売電することで収益を得られることを指します。

「環境保全に繋げられる」のは、太陽光発電は有限の資源ではなく発電による廃棄物も発生しないことから、エコな発電方法として注目も浴びています。「災害や停電のときでも、電気が使用できる」のは地震や津波などの災害で停電が起きて通常の電力が使用できない場合に、太陽光発電で発電して蓄電した電気を使用することができます。

「断熱効果が得られる」のは、住宅用で屋根に太陽光パネルを付ける場合、夏場は屋根の表面温度を下げてくれますし、冬場は熱を逃げにくくしてくれるため室内の温度が下がりにくくなります。

ここまでメリットを挙げていきましたが、最初に必ず初期準備に関しては設備購入や設定準備等の手間があり、特に本業がある方が投資を行う場合は時間も限られているため、開始までにどうしても時間が掛かってしまいがちです。そこで、少しでも早くスムーズに開始できるように専門知識がある業者と相談することをおすすめします。

FIT制度とは2012年7月に誕生した「固定価格買取制度」のこと。太陽光発電のような再生可能エネルギーで発電した電気を、契約日から20年間国が指定した価格で買い取るよう、電力会社に義務づけた制度。21年目以降も価格は変わるが、継続買取は可能。

どんな業者を選べばよいか

昨今、環境保全が重要視されてきていることや太陽光発電投資が注目されていることから、再生可能エネルギー事業として太陽光発電事業を扱う企業が増えてきています。

金額が安かったり、見積料金が無料だったり、補償内容が万全だったりと、一見どの企業も似たり寄ったりな保証制度やアフターサービスをしているのではと考えがちですが、企業それぞれにサービスや特徴があり、違いがあります。そのためサービスを自分が特に重視する点をいくつか挙げてみて、その希望を叶えてくれそうな企業を選ぶのが良いでしょう。

業者ごとの違い

業者を選ぶ際に、違ってくる点もいくつかあります。具体的には、「販売から設置・運用までが自社内で完結か委託なのか」・「メンテナンスの頻度と内容」・「保証体制」・「長期経営でもアフターフォローをしてくれるか、対象外となるか」・「発電シミュレーションや想定収入額をきちんと説明するか、誇張するか」・「対応は丁寧か、杜撰か」などが挙げられます。

最初に挙げた「販売から設置・運用までが自社内で完結しているかどうか」ですが、初期設備や土地の販売から設置作業、その後の運用も契約した業者でやってくれるかどうかということです。太陽光発電設備の設置・運用を下請業者に業務委託している場合、設置・運用のトラブル発生時に連絡がすぐにできず、対応に遅れてしまう可能性があります。

また、これらが業務委託の場合、業者に支払う金額もかさんでしまい、全体のコストが高くなってしまうため、注意が必要です。もし点検作業を第三者に委託していると提示があった場合、具体的にどのくらいの頻度で行うのか、具体的にどの会社が点検を代行するかをきちんと記載or説明しているところが良いでしょう。

次に「メンテナンスの頻度と内容は充実しているか」ですが、太陽光発電は天候による設備トラブルや経年劣化が発生しやすいため、定期メンテナンスが必要不可欠です。これを怠ると発電量が低減し、収益が下がってしまいます。業者が行なうメンテナンスの頻度や、メンテナンスの内容も設備のどの辺りまで行うかなどの確認が必要です。

3点目に「保証体制はどうか」ですが、太陽光パネルには通常メーカー保証がついており、これとは別にメーカー保証では対象外となっている自然災害による被害を補償してくれる自然災害補償なども行っていることがあります。また独自の保険を取り扱いしている業者もあり、メーカーでは補償対象外の内容もカバーしてくれるところもあるようです。設備が自然災害などで破損した、設備の破損によって近隣の住宅にも破損が出てしまった場合の補償も用意している場合もあります。

次に「長期に渡ってアフターフォローをしてくれるかどうか」ですが、20年以上の長期に渡る投資のため業者が長期にわたって、アフターフォローをしっかりしてくれるかも大事なポイントです。設備メンテナンスだけでなく、発電量のチェックなど、太陽光発電投資の実績や会社の設立年、市場調査等で社名が出ているかなど、しっかりとチェックしておく必要があります。

「発電シミュレーションや想定収入額を誇張していないか」については、最初の見積相談時にチェックするべき点です。通常は業者から太陽光発電によってどれくらいの発電量が得られるか、加えて発電量に対する想定収入の説明がされるのですが、これは地域ごとの天候変動や周辺環境なども考慮して発電量と収入額を算出するものが、条件を全く考慮せず高い数値を提示してくる業者もいるようですので、要注意です。

最後の「杜撰な対応していないかどうか」という点ですが、最初の見積もり相談時に金額やシミュレーションの説明がきちんとしているかどうかと通じる部分もありますが、不明点があって質問した際も丁寧に答えてくれるかどうかや最初の問い合わせや点検時の案内なども丁寧に行ってくれる業者もいれば、そうでない業者もいます。

まとめ

太陽光発電投資について及び業者を選ぶ基準、業者の具体例をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。一見どの企業も提供しているサービスや強みが同じなイメージがありますが、それぞれの企業が独自の強みを持っているためニーズや希望に応じて、自分に合った業者の選択ができそうですね。

太陽光発電投資に興味がある人及び業者選びに悩んでいる人は、是非この記事を参考にして投資をやってみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
投資用太陽光発電業者ランキング!
第1位 アースコム
第3位 イーゲート
記事一覧