投資用太陽光システム(土地付き太陽光)を販売している業者を口コミや評判を含む比較ランキング形式でご紹介!

太陽光発電投資の機器が故障してしまった場合は?

太陽光発電は太陽光を利用して発電するシステムです。

正しく発電し続ける場合もありますが、時には故障してしまうこともあります。

では実際にこのようなトラブルが起きてしまった場合、一体どういう対処をすべきなのでしょうか。

それとも放置しておいてもなんとか発電はするので、そのまま放置しておいても全く問題はないのでしょうか。

 

衝撃には強い構造となっている

太陽光発電で重要な役割を担っている太陽光パネルは、外部からの衝撃に対してはある程度耐えることができる構造となっています。あので少しくらい衝撃が加わったとしても、それによって破損してしまうということは少なく、そのまま使い続けることができるようになっています。

しかし、予想以上の強い衝撃が加わってしまうとどうしてもそのパワーには耐えることができず、結果的に破損したりパネル内部に不具合が生じてしまうということがありえます。その原因として考えられるのが台風で石や木片が飛んできたときなどで、ときには破断してしまうこともあるので気をつけましょう。

また内部でトラブルが発生する場合もありますが、その場合はパネルの上側になんらかの理由によって衝撃が加わったりすることが原因と考えられます。もちろん経年劣化も避けることができず、パネルを長期的に使うことによって見た目は何も問題はありませんが、内部で故障する可能性もあります。

このようになんらかのトラブルが発生している場合、見た目で判断できることもありますが、ときには発電量を見て判断することも可能です。太陽光パネル自体はそれほどメンテナンスをしっかりとおこなう必要はありませんが、ときには様子を見て調子が悪くなっていないかをチェックしておくほうが無難です。

 

トラブルが発生してしまったときの対応

実際にいろいろな原因によって太陽光パネルにトラブルが発生してしまうことは十分ありうる話なので注意が必要です。ただ、故障してしまったからと言って、このシステムを丸ごと全部取り替えてしまうという必要はありません。実際には一部分、調子が悪くなっている所だけを交換するなどの対応でも十分元の状態に戻すことも可能だからです。

例えば、何か物が当たってしまって故障したり、内部で何かトラブルが発生した場合はパネルを交換するという形で対応します。この場合は施工したメーカーの方に連絡をすればすぐに対応してもらうことができますが、その際、できるだけ費用を節約するためにもメーカー保証を必ず確認しておきましょう。

また、トラブルの規模によっては修理費用がかなり高額になってしまう可能性も否定することができません。もし費用の負担をできるだけ軽減したいというときは、あらかじめ保険に加入しておくとその保険金で修理費用をまかなうことができるのでおすすめです。

さらに、台風などで木片が飛んできたり石が飛んできたりしたためにパネルが破損してしまうのは、ある程度事前に防ぐことができるようになっています。台風が来ないようにすることはできませんが、内部のセルが傷ついてしまう前に強化ガラスを交換することで、ある程度対応できるからです。

もちろんこの方法は鳥などが石を落としたりしてガラスが割れてしまうというトラブルも起きにくくする効果が期待できます。ただ、台風や生き物などはいつどのようなときに影響を及ぼすか予想することはかなり難しく、また思わぬトラブルを引き起こす可能性もあります。しかしできる限りの対処をあらかじめおこなっておけば、もしもトラブルが起きてしまったとしても、その被害を最小限にくい止めることは可能です。

 

太陽光パネル以外にも故障する可能性がある

太陽光発電というと、屋根などの上に太陽光パネルを設置するイメージがありますが、このシステム自体はパネルがあれば成り立つわけではありません。発電した電気はそのままでは家電製品で利用することはできないので、まずは一般的な家電で使えるように調整しなければなりません。

そこで利用するのがパワーコンディショナーと呼ばれる機械で、これを利用することで発電した電気を自宅でスムーズに使えるようにしています。しかしパワーコンディショナー自体も何もトラブルが起きないまま利用することもできますが、実際に正しく使っていてもトラブルが発生しています。

例えばその一例となっているのが出火で、パワーコンディショナーや、それと一体になっていることも多い接続箱からの出荷の事例が多くなっています。太陽光パネル自体は衝撃にも強い構造となっているのであまりトラブルがそれほど多く発生しているというわけではありませんが、実は太陽光発電をおこなううえでパワーコンディショナーはトラブルがもっとも起きやすい部位となっており、その原因によっては修理交換が必要となることも多々あります。

パワーコンディショナーで起きるトラブルは、初期不良と経年劣化のどちらかが原因となっている場合が多いので、その点に注意しましょう。初期不良の場合は設置したにもかかわらず発電しないとか、接続部分から出火するという事例が報告されています。

通常、初期不良があるという場合は施工時にその箇所を修正してトラブルを未然に防ぐことが可能となります。しかしときにはそのまま施工を完了させてしまい、その状態で発電してしまったがためにトラブルが起きることがあります。

また、長年利用しているとどうしても経年劣化によって故障が発生してしまうということも十分ありうる話です。この場合、フィルターが目詰まりしている、パワーコンディショナーの中に水や草が入ってトラッキングやショートしてしまうなどが大きく影響しています。経年劣化自体はどうしても避けることはできませんが、例えば通気口のホコリを取り除いたり、表面を綺麗にするだけでもある程度トラブルを防ぐことはできます。

また定期的にメンテナンスをおこなうことで、調子が悪くなっている箇所を早期に発見でき、トラブルを拡大しなくてもよくなります。パワーコンディショナー自体は一般的な家電製品と同じように10年くらいが寿命となっているので、それを目安に交換しなければなりません。

しかしときには10年経過しなくても調子が悪くなってしまうこともあり、その場合はまるごと交換しなければならないということも多々あります。基本的にはそのまま放置しておくことはできないので、まずは施工してくれた業者の方に速やかに連絡をして対応してもらいましょう。

また、パワーコンディショナー自体は使う環境によって、さらに使い方によっても寿命が違ってくるので、その点もよく理解しておくと良いでしょう。

 

投資用太陽光発電をおこなう場合は、安定した状態で発電できるかどうかということが非常に重要なポイントとなります。しかし太陽光発電システム自体は正しく利用していたとしても故障してしまったりすることもあり、その都度正しい対応をする必要があります。

太陽光パネルは衝撃に強い構造になっていますが、パネルが割れたり内部のセルが破損してしまうこともあります。発電量が減ることで発覚しますが、そのまま放置するのはよくないので、適宜交換しなければなりません。

また太陽光発電というとパネルばかりがイメージされがちですが、実際にトラブルが多く報告されているのはパワーコンディショナーです。パワーコンディショナー自体は発電した電気を家電で利用できるようにする機械ですが、調子が悪くなったり発火したりすることもあります。

この場合も放置しておくことは非常に危険な場合があるので、まずは業者に連絡をして交換・修理してもらうのが基本です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
投資用太陽光発電業者ランキング!
第1位 アースコム
第3位 イーゲート
記事一覧