投資用太陽光システム(土地付き太陽光)を販売している業者を口コミや評判を含む比較ランキング形式でご紹介!

太陽光発電投資はなぜローリスク?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/08/02

投資用太陽光発電は本当に利益があるのか、不安に感じている人も多いです。その理由として固定価格買取制度がスタートした際には1kw当たり40円程度で売電されていましたがその後下がり続けて21円程度になってしまった点が挙げられます。

しかし、それでも利益が出せるにはさまざまな理由があります。

 

太陽光発電への投資は利益を生み出す

一昔前に比べると売電価格は下がったものの、太陽光発電の技術は凄まじい進歩が見られます。一昔前の太陽光パネルと比較するとその差は歴然です。同じ価格の太陽光パネルを購入したとして比較しますと、発電量が大幅にアップしています。

また高品質なパネルをリーズナブルに購入できるメリットもあります。これから投資用太陽光発電を検討する人にとっては初期費用を抑えられる点は大きなメリットになります。初期費用を抑えられることで結果的に利回りが良くなります。

さらに、投資用太陽光発電を検討する人の多くは融資を受けるケースが多いですが、2016年より日本はマイナス金利政策が開始されました。これは、お金を長く借りれば借りるほど返済する金額は少なくなるという仕組みです。

このような政策が開始されたことで融資を受けるメリットもあります。この政策により投資に前向きになる人が増えています。投資には、多かれ少なかれリスクがあります。特に投資初心者であればローリスクの投資を選ぶのが賢明です。その中では太陽光発電は初心者が手を出しやすい投資となります。

なぜローリスクの投資なのかと言うと、株や為替のように変動が激しくない点が挙げられます。太陽光で得られた電力は電力会社が買取ります。買取価格は契約時から20年間変動しません。そのため長期間安定した収益が期待できます。

リスクと言えば、日照問題です。太陽光は自然エネルギーなので天候に左右される可能性はあります。また一番注意が必要な点は設備の問題です。太陽光パネルなど設備に不具合が生じてしまうとメンテナンスに費用が発生してしまいます。設置は信頼と実績のある業者を選ぶことにより、この部分のリスクを最小限に抑えることができます。

 

太陽光発電による収益の期待度を把握

投資をするからには、上手くいった際にどの位の儲けがあるのか事前に把握しておく必要があります。最初から儲けが期待できないような投資は意味がないからです。ただし、さまざまな要素が含まれたうえで総合的に判断し儲けを予想する必要があります。

これだけ儲かるという確約はありませんが予想しておく必要はあります。あくまでも儲かるためには、安定した稼働が必須条件になります。早期にメンテナンスが必要になってしまうと、儲けどころではなくなりますので、施工業者選びはとても重要です。

規模を大きくする投資に土地付き太陽光発電の投資があります。太陽光発電をより効果的におこなうために設備基を複数所有します。複数基所有することで儲けを大きくする期待は高まりますが、その分初期投資の費用が大きくなります。

融資を受けるためには、年収などさまざまな条件をクリアしなければなりません。基本的には、不労所得となりますので、年収の高い人は前向きに検討すると資産を増やしていけます。不労所得と言えば不動産投資が一般的ですが、不動産投資は入居者に対して大家としての対応が必要となったり、お部屋を定期的にリフォームしたりそれなりの労力が発生します。

また空き部屋対策なども必要となります。同じ不労所得で比較すれば、太陽光発電は設備を設置し稼働し始めたら、決まった売価で収入を得ていくのみです。必要な作業は毎日発電量をチェックすること位なので忙しい人でも問題ありません。

簡単と言っても、全く知識がないと危険です。太陽光による投資に関する知識は最低限必要です。まずはFIT制度や仕組みを理解することです。ある程度の知識を得たうえで業者選びをすると安心です。

 

太陽光発電の税制支援と償却資産税軽減に関して

太陽光発電事業による税制を理解しておく必要があります。税制には所得税や消費税などさまざまな税金があります。中でも固定資産税に含まれる「償却資産税」の関する情報です。これは軽減税制となりますので確認しておくとよいでしょう。

この制度は各市町村が管轄となります。実施しているかどうかは、各市町村で確認します。固定資産税に含まれる「償却資産税」があります。まず、固定資産税とは土地や建物など固定的な資産を所有している場合に課せられる税金です。

この中に「償却資産税」が含まれます。具体的には、構築物、設備や機械などに対しての税です。この減価償却費は、確定申告の際に計算上必要な経費として扱われます。太陽光発電事業に関しても、太陽光パネルなど設備や機械を使用しますので、この部分は償却資産に該当する可能性があります。償却資産に課税された税金を「償却資産税」として扱われ、この部分の税金を減らすことが可能になります。

先端設備等導入計画に関して、経済産業省・中小企業庁によれば「先端設備等導入計画」は生産性向上特別措置法の一つとなります。対象者は中小企業や小規模事業者等です。期限付きの異例措置です。期限付きではありますが、非常に手厚い支援となります。期間は3年から最長5年です。

この期間内に事業主は計画案を作成します。太陽光発電事業では、「償却資産税」が3年間で2分の1から最大で全額免除となる可能性があります。適用期間は令和2年3月31日までとなっています。申請はなるべく早めのほうが安心です。なぜなら申請が認められるには、審査があるからです。

申請方法がよくわからない場合は、経済産業省へ問い合わせすることで確認できます。これから太陽光発電による投資を検討したいと考えている人にとっては朗報です。実際にどの位減税されるのか漠然としてわからない場合も多いです。その場合は、10年間のシミュレーションを活用してみるとわかりやすいです。投資としては、さまざまな支援とメリットがあり今後もまだチャンスが続くことが予想されています。

太陽光はローリスクで始められる投資であることに加えて、再生可能エネルギーとして社会貢献の一つでもあります。電力はまだまだ需要がありますので、前向きに検討することで安定した投資が始められます。また前向きに検討している人の中には、融資に関して不安な場合もあります。基本的には融資を受ける際には、審査がおこなわれ、返済能力があるかチェックされます。

返済能力が十分であっても施工業者の品質や業績が悪いと審査が通らない場合もあります。この部分は、融資を受ける人にとって、金融機関がある程度施工業者を審査していることでもあります。信頼と実績のある施工業者であれば、融資審査に通りやすくなります。

 

はじめての投資は、できるだけローリスクで始められるものを選ぶと安心です。基本的に投資は不労所得となりますが、その中でも太陽光発電による投資は手間がかかりません。毎日売電価格をチェックすること位で済みます。始める前には最低限の知識を得ることは重要になりますが、初心者でも始められやすい投資です。

売電価格が下落して、本当に儲かるのか不安な人も多いですが「ゼロ金利政策」で融資を受けるメリットも生まれています。また電力の需要はあり続け安定した儲けが期待できるからです。さらに期間限定の税制支援により今がチャンスという見方もあります。融資を受けるため、年収のよって挑戦できる投資の規模が決まってきます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
投資用太陽光発電業者ランキング!
第1位 アースコム
第3位 イーゲート
記事一覧