投資用太陽光システム(土地付き太陽光)を販売している業者を口コミや評判を含む比較ランキング形式でご紹介!

投資用太陽光発電業者ランキング!

はじめに

このサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

埼玉県に住む会社員男性です。

独身貴族を謳歌しているものの、40代に突入してから将来への不安が大きくなり、老後に備えて投資に興味を持つようになりました。

投資の種類について調べていくうちに、太陽光発電投資というものがあることを知りました。

もともと環境問題などには関心が高いほうだったのですが、太陽光発電と投資が結びつくとは思っていなかったため、最初はどこか怪しいなぁと感じました。

それからしばらく経った頃、学生時代の友人から太陽光発電投資をしているという話を聞き、驚きました。

彼によると、太陽光発電投資は失敗するリスクがほとんどなく、安定した収益を得られるとのことでした。

正直ネットで知ったときには「リスクのない投資なんて詐欺なんじゃないか」という思いが強かったのですが、信頼している友人から紹介されたこともあり、思い切っていくつかの業者に問い合わせをしたのです。

そして現在、私は太陽光発電投資によって順調に収益を得ています。

あの時友人に紹介されていなかったら、今頃は他の投資によって大損していたかもしれないし、投資に踏ん切りがつかず老後の蓄えができないまま細々と暮らしていたかもしれません。

このサイトは私の経験を元に、太陽光発電投資について知りたいという方のお役に立ちたいという思いから制作しました。

投資用太陽光発電業者ランキング一覧!

第1位 アースコム
アースコムの画像1
実績面でも納得!各メディアが注目の急成長優良企業

比較ランキング第1位は、アースコムです。

アースコムは、再生可能エネルギー業界においてテレビや雑誌、インターネットなど様々なメディアが注目している急成長企業です

なんと、前年比232%、4期連続増収増益を達成していて、今波に乗っている企業です。

「18時退社」「連続9日有給」「分厚い手当」「福利厚生」など企業で働く人が大切にされていて、仕事に打ち込める環境が整えられていることが最高のパフォーマンスの発揮と結果に繋がっています。

そんなアースコムの実績は埼玉県内での売上実績1位という納得の内容

20年間という長期的な事業となる投資用太陽光を、目に見えない価値から大切にしている企業です。

メディオテックの画像1
着実に事業規模を拡大!新規事業に挑戦し続ける企業

比較ランキング第2位は、メディオテックです。

メディオテックは電気機器の販売からスタートし、住宅用太陽光、投資用太陽光と着実に事業規模を拡大してきた企業です。

「素直であれ 真面目であれ そして正直であれ」という社訓が掲げられていて、努力を怠らず常に新しいことに挑戦することで発展を続けています。

「古い事業にとらわれず多くの新規事業に挑む原動力こそが人々の生活に影響を与え、世界に変革を起こす」という理念のもとで成長を続ける企業、それがメディオテックです。

資料請求が無料であるのはもちろん、訪問相談も無料

検討しやすいサービスが提供されています。

第3位 イーゲート
イーゲートの画像1
土地開発からアフターケアまでワンストップで提供

比較ランキング第3位は、イーゲートです。

土地開発から販売、施工やアフターケアまでのサービスをワンストップで提供してくれるイーゲートは、それぞれのお客様に寄り添って問題解決へと導くことをモットーに日々の営業を行っています。

事業を通して地球環境へ配慮してエネルギーと笑顔の溢れる未来をつくること、そして地球にも人にもwinwinな関係を構築することがミッションに掲げられています。

そんなイーゲートは、特定建設業許可と宅地建物取引業免許の両方を取得している企業。

過去には500件以上の施工・販売実績があるので安心して任せられます。

ノースエナジーの画像1
北海道の投資用太陽光をメインに扱っている企業

比較ランキング第4位は、ノースエナジーです。

ノースエナジーは、北海道の大自然の恵みを利用し、進化したサービスを北の大地から提案・提供する企業

北海道の投資用太陽光をメインに扱っています。

新規事業への挑戦にも積極的であり、投資用太陽光はもちろん「携帯ショップ運営」や「WiFiレンタル」など様々な事業を実施。

そんなノースエナジーでは、公式ホームページ内に「ノースソーラーファーム発電ブログ」というコンテンツが開設されています。

このブログではノースエナジーの担当者が所有する太陽光発電所の発電実績が公開されていて、北海道の太陽光発電について知りやすくなっています。

リベラルソリューションの画像1
太陽光や風力など多角的な視点から提案してくれる

比較ランキング第5位は、リベラルソリューションです。

全国の都市に支店を展開するリベラルソリューションは、2007年に設立された新しい企業でありながら成長を続けている企業。

デンマークの小型風力発電メーカー「ソリッドウインドパワー社」の日本正規代理店としても知られていて、太陽光はもちろん風力も扱っています。

環境問題への関心を高く持ち、エネルギー環境の改善を目指してお客様を第一に考えた営業が実施されています。

そんなリベラルソリューションは日経ビジネス「有力企業2020」でも紹介されていて、今注目の企業であることがわかります。

投資用太陽光に関するセミナーも開催されているので、セミナーに参加して直接情報を得ることも可能です。

ランキング1位はアースコム!


ここまで、おすすめの投資用太陽光発電業者をご紹介してきましたが如何でしょうか?

様々な業者がいる中で、私が特におすすめしたいのは「アースコム」です。

この会社は、4期連続で増収増益を達成しており、再生エネルギー業界でも様々なメディアから注目されている企業です。

「お客様対応No.1宣言」というコンセプトを掲げており、個人・法人を問わずにサービスやサポートをしてくれることから、リピート率が90%以上あるのも大きな魅力のひとつですね。

サポートの内容には業界最上級クラスの長期補償と保険がパッケージ化されており、売電保証や、トラブル発生時のスピーディーな駆けつけ対応など、太陽光発電所の運営に必要な内容は全て含まれているのが特徴です。

また、企画開発からメンテナンス管理までの実績も豊富で5,800件にものぼるため、安心して依頼することができますね。

他にも様々なサービスがあるので、太陽光発電投資でお悩みの方には、是非おすすめの企業です。

太陽光発電投資について


太陽光発電投資とはざっくり言うと、太陽光発電によって発電した電気を電力会社に売電することで収益を得る投資方法のことです。

最近、屋根の上にソーラーパネルが設置されている戸建住宅を見かけることが増えてきました。

自宅で使うためだけに発電しているのでは、と思う方もいるかもしれませんが、個人宅で発電した電気も、余った分は電力会社に売電することができます。

つまりそれも太陽光発電投資のひとつですね。

持ち家に住んでいる方やこれから家を建てる予定の方は、自宅の屋根にソーラーパネルを設置すれば手軽に太陽光発電投資を始められますが、自宅の日当たりが悪かったり、アパートやマンション暮らしだという方も諦める必要はありません。

それが、これからご紹介する土地付き太陽光発電投資です。

自宅での発電と違って、発電した電力を自宅で使うことはできませんが、その分発電した電力をすべて電力会社に売電して収益を得ることができます。

投資の中でも太陽光発電を選ぶメリット


今このサイトをご覧になっている方の中には、すでに太陽光発電投資を始めたいと思っている方もいれば、どんな投資方法を選べばいいか迷っているという方もいると思います。

一口に投資と言っても、不動産投資や株、FXなど色々ありますよね。

そんな中で、あえて私が太陽光発電をおすすめする理由は2つあります。

 
■ 2つのメリット

まず1つ目は、リスクが低いという点です。

不動産投資の場合、空室リスクがあります。

入居者が確保できなければ、収益はありません。

株やFXなどは景気変動の影響を受けやすく、収益どころか大損してしまうこともあり得ます。

しかし太陽光発電投資であれば、FIT制度(後に記述)により安定した収益を得ることができます

2つ目は、環境保全に貢献できるという点です。

太陽光発電は、温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーのうちのひとつとして近年注目されています。

さらに、石油や石炭などの資源に乏しい日本では、今後ますます再生可能エネルギーのニーズが高まっていくと考えられます。

 
■ よく知らないからと敬遠するのはもったいない!

以上のように、低リスクで収益が確保でき、社会貢献もできるという理由から、私は太陽光発電投資を選びました。

もちろん、太陽光発電は全くリスクがないというわけではありませんし、他の投資方法のほうが自分には合っているという方もいるでしょう。

しかし昔の私のように、よく知らないからと言った理由で太陽光発電投資を敬遠してしまうのはもったいない!と私は思います。

少しでも興味を持った方は、投資方法の選択肢の中にぜひ太陽光発電を入れてみてくださいね。

FIT制度とは?


 
■ 安定した収益を得られる理由

上述したFIT制度についてですが、経済産業省エネルギー庁のHPに分かりやすい説明がありますので、一部引用します。

「FITとは「固定価格買取制度」のことで、太陽光発電のような再生可能エネルギー(再エネ)で発電した電気を、国が決めた価格で買い取るよう、電力会社に義務づけた制度です。(中略)FITが創設されたのは、2012年7月のこと。再エネ発電は火力などほかの発電にくらべて発電コストが高く、なかなか導入が進まない原因になっていました。
そこで、再エネ発電の電力を、ほかの電力よりも高値で買い取ることで、再エネ発電をおこなう事業者を増やし、再エネの導入を広めることを狙ったのです。(後略)」

参考:http://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/fitkaisei.html

再生可能エネルギーによって発電した電気は、国が決めた価格で電力会社に買い取ってもらえる、つまり、景気の影響を受けて価格が変動することがないので、他の投資方法に比べて安定した収益を得られるということがお分かりいただけるかと思います。

 
■ 適用されるのは20年間

ただし、この制度は20年間のみ適用です。

2012年に始めたなら2032年まで、2019年に始めたなら2039年まで、固定価格で買い取ってもらうことができます。

だからと言って、20年を過ぎたあとは負債になるかと言ったらそうではありません。

国の指定した価格よりは下がりますが、継続して売電することが可能です。

築20年の不動産の家賃収入が新築のときよりも下がるのと似たようなイメージと言えば分かりやすいでしょう。

リスクはないの?


ここまで、太陽光発電投資のメリットについてご紹介してきました。

他の投資方法に比べてリスクが低いのは確かですが、まったくないというわけではありません

ここでは、太陽光発電投資のリスクについてご説明します。

まずは、業者選びの失敗です。

太陽光発電投資はまだ歴史が浅く、新規で参入する業者もたくさんあります。

その結果、契約した業者が途中で倒産してしまったり、施工ミスによって損害を被ったりしてしまうというリスクがあります。

他にも、自然災害等によって故障した場合です。

太陽光発電は、広い土地にパネルを設置するのが一般的です。

積雪や強風、地震、洪水などによりパネルが壊れてしまい、その修理期間中発電ができない(=収益が得られない)というリスクがあります。

リスクを回避するためには?


上記のように、太陽光発電投資にもある程度のリスクがあることがお分かりいただけたと思います。

では、そのリスクを回避して、太陽光発電投資で失敗しないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか。

結論から述べると、太陽光発電投資に成功するか否かは業者選びによってすべて決まると言っても過言ではありません

下記で詳しく説明します。

 
■ 良い業者の見極め方

業者選びに際して、大前提として実績があるかどうかは確認してください。

たいした実績やノウハウのない業者は途中で倒産してしまうリスクがあります。

また、信頼できる業者であれば施工ミスも少なく、安心して発電することができます。

また、補償制度がしっかりしているかどうかも確認しましょう。

たとえ自然災害等でパネルが故障したとしても、その修理費用を補償してくれたり、修理期間中の売電補償をしてくれる業者であれば、無駄な出費は一切なく、収益がストップしてしまう心配もありません。

さらに、メンテナンスが充実しているかどうかも忘れてはいけません。

定期点検だけではなく、監視カメラで常時監視し、万が一の場合はかけつけてくれるなどのサポートがあれば安心です。

また、除草や清掃などを怠ると発電効率も下がるため、日ごろからきちんと保守点検してくれる業者を選びましょう。

 
■ 悪い業者の見極め方

それでは、逆に悪い業者の見極め方には、どんなものがあるでしょうか。

私が初めて太陽光発電投資を知ったときに何となく怪しく感じたのは、知識がないため詐欺まがいの業者に騙されるのではないか、という不安があったからです。

まずは、発電シュミレーションの詐称です。

業者と契約する前に、どのくらい発電できるのかというシュミレーションを行います。

一例として、雨の日などの想定をせず、365日同じ時間晴れ続けるという、現実ではあり得ない想定でシュミレーションをされる場合があります。

その数字を見せられて納得してしまうと、投資後シュミレーションよりも発電量が少なく、思ったよりも収益が得られないということになります。

ほかには、架空の太陽光発電投資案件に勧誘をし、投資した途端音信不通になってしまったり、こちらが相場を知らないことをいいことに、契約後に高額な追加費用を請求されたりすることもあります

また、悪徳業者ではなくても、実績やノウハウのない業者のため、契約後にメンテナンスをしてくれずほったらかしにされたり、パネルを設置した場所が悪く倒れたり傾いたりして発電できなかったりすることもあります。

このような被害に遭わないためには、実際に契約した方の口コミなどを参考に、きちんと業者について調べるようにしましょう。

また、今回このサイトでご紹介している5社は、数ある投資用太陽光発電業者の中から私が選び抜いた業者さんばかりなので、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

土地や自己資金がなくても始められる


 
■ 土地について

さて、ここまでご覧頂いて、太陽光発電投資に興味を持ったという方もいらっしゃると思います。

そこで気になるのは、誰でも気軽に始められるのかどうかという点ですよね。

まず、パネルを設置するのにある程度の広さの土地が必要になるわけですが、そんな土地を持っているという方は少ないのではないでしょうか。

新しく購入するとしても、まとまった資金がないと広い土地の購入なんてできません。

しかしすでにご紹介した通り、ほとんどの業者は土地付き太陽光発電所という形で販売をしています。

そのため、わざわざ土地を探してそこにパネルを設置するという必要はありません。

もちろん、すでに土地を持っているから、そこにパネルを設置したいと考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、その土地がパネルを設置するのにふさわしい土地かどうかは、きちんと調査してみないと分かりません。

土地付きで販売している発電所は、業者がきちんと調査し、太陽光発電に適していると選ばれた土地です。

効率的に発電でき、地盤沈下などのリスクもない土地なので、よっぽどの事情がない限りは、土地付きのものを購入することをおすすめします。

土地付き太陽光発電所は日本全国にありますが、自分がどこに住んでいるかは関係ありません

私も埼玉県在住ですが、長野県に太陽光発電所を所有しています。

 
■ 自己資金や経費について

また、自己資金についてですが、多くの業者は信販会社などと提携しているので、全額ローンで自己資金ゼロからでも始めることができます

ここが株式投資などとの違いでしょう。

自己資金が乏しいためになかなか投資を始めることができないという方にこそ、太陽光発電投資が向いていると言えます。

では、売電を開始したあとにはどんな経費がかかるでしょうか。

例をあげると、日々のメンテナンスにかかる費用や災害などに備えた保険料、償却資産税、固定資産税などです。

どんな費用がどのくらいかかるかは業者によっても異なりますので、問い合わせて確認してみてください。

再生可能エネルギーへの思い


「投資の中でも太陽光発電を選ぶメリット」の項目でも少し触れましたが、エネルギー自給率の低い(8%程度)日本では、今後太陽光発電などの再生可能エネルギーの必要性が高まることは必至です。

現在、電力供給のうち8割程度が火力発電であり、それに必要な石炭や石油などの資源は外国からの輸入に頼っている状況です。

資源には限りがありますし、先の石油危機を思い出せば分かるように、外国の資源に依存しすぎるのは危険です。

また、火力発電は温室効果ガスを排出します。

環境保全の観点からも、温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーへの移行が必要不可欠ですが、なかなか進んでいないのが現状です。

話が逸れてしまいましたが、私は太陽光発電投資を始めたことによって、こうした問題に対して貢献できているという実感(自己満足ではありますが)を持つことができました。

もちろん、エネルギー自給率の改善や温室効果ガス排出量の減少は国が取り組むべきことではありますが、私たち一人ひとりが意識を持つこともまた、大切だと思います。

まとめ


ここまで読んでくださってありがとうございました。

私が最終的に太陽光発電へ投資を決めた一番の理由は、単純に「ラクだから」というのが大きかったかもしれません。

「ラク」の中には「精神的なラクさ」と「物理的なラクさ」の両方があります。

まず「精神的なラクさ」についてですが、私の性格上、株価や為替のレートをチェックして一喜一憂する毎日というのは、精神衛生上良くないと感じたんですよね。

すでにご説明した通り、太陽光発電は20年間は買取価格が変動しないので、毎年の収益の見通しがつきます。

万が一会社をクビになったり事故や病気によって働けなくなったとしても、給料以外に安定した収入源があるというのは、精神的に安心材料になります。

そして「物理的なラクさ」ですが、太陽光発電は一度買ってしまったらあとは業者さんに丸投げするだけでいいので、普段会社勤めをしている私にとってはラクでした。

投資ではなく副業をするという選択肢もありますが、やはり不労収入というのは時間的にも肉体的にもラクなので助かっています。

繰り返しになりますが、太陽光発電投資で一番重要なのは業者選びです

最初の選択さえ誤らなければ、長期的にラクに安定収入を得ることができるので、その労力は惜しまないようにしましょう。

今回ご紹介した5社は優良な業者さんばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

改めて、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

記事一覧

投資用太陽発電を検討している人はたくさんいますが、いざそれを実行に移す人というとそれほどいません。その理由はい ・・・[続きを読む]
投資をするからには利回りが良くて安定しているものを選び出すのが合理的だと考える人も多いでしょう。この観点では投 ・・・[続きを読む]
投資用太陽光発電で収益を上げたいのであれば20年にもわたって運用して行かなければいけません。運用をしていくに当 ・・・[続きを読む]
株・FX・不動産の売買など数ある投資方法の中でも安定した収益が期待できるのが土地付き分譲太陽光発電です。最新の ・・・[続きを読む]
投資用太陽光とは社会に再生可能エネルギーを普及させる目的で太陽光パネルを設置した施設の一部の権利を売却すること ・・・[続きを読む]
太陽の光を使って発電するシステムは、投資先としても人気が高く良く利用されています。投資用太陽光発電システムは安 ・・・[続きを読む]
投資用太陽光発電にはどのようなメリットやデメリットがあるのかを調べていると、天候が大きな影響をおよぼすのではな ・・・[続きを読む]
太陽光発電は太陽光を利用しておこなう発電方法となっており、実際に作った電気は自分たちで使うこともできますが、余 ・・・[続きを読む]
投資用太陽光発電は本当に利益があるのか、不安に感じている人も多いです。その理由として固定価格買取制度がスタート ・・・[続きを読む]
太陽光発電を利用して投資をおこなうという人も増えていますが、その際に気になるポイントの1つがその利回りではない ・・・[続きを読む]
自然エネルギーとして評価の高い太陽光発電ですが、土地さえあれば比較的簡単に始められるので人気があります。投資用 ・・・[続きを読む]
比較的簡単に利用できる投資用太陽光発電の良さとしてあるのは、安定した収入を得られる点です。特に何もしなくても利 ・・・[続きを読む]